ゆっくりと、呼吸を整え緊張さげる|川崎市稲田堤の心療内科|檀(たん)クリニック

TOPICS

ゆっくりと、呼吸を整え緊張さげる

大学受験、高校受験のシーズンになっていますが、不安緊張する人が多いでしょう。呼吸法によって緊張をさげる方法をご存知でしょうか?具体的に胸式深をとり、胸郭を広げて十分に吸気をおこなう。「吸主呼従」という呼吸法となっています。呼吸は自律神経ばかりでなく、随意神経系の二重支配をうけているので、呼吸の訓練を10回~20回ほど繰り返しますと緊張をさげることもできます。

ページトップへ戻る